読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界遺産検定2級出るとこだけまとめ

世界遺産検定2級の出るとこだけをまとめました

エディンバラの旧市街と新市街【文化遺産・英国】

スコットランドの首都エディンバラにある、エディンバラ城は王冠や、剣、軍旗の断片などのほか、戴冠式に使われた「スクーンの石」なども展示されている、建築家ロバート・アダムが設計したシャーロット広場は、都市における新古典主義の傑作と評されている。…

イエスの生誕の地:ベツヘレムの聖教教会と巡礼路【危機遺産・パレスチナ自治政府】

イエスが生まれたとされる場所に建てられた聖誕教会には、さまざまな宗教の教会も含まれ、鐘楼や庭園、巡礼路などが登録された。漏水による建物破壊などのため緊急の保護が必要であるとの判断から、「緊急的措置推薦」で登録されており、危機遺産リストに記…

エチミアジンの聖堂と教会、およびズヴァルトノツの考古遺跡【文化遺産・アルメニア共和国】

301年に世界で初めてキリスト教を国教としたアルメニアで、主教座聖堂が建設された。 http://www.kamit.jp/18_armenia/01_vagarshapat/xechmiadzin_2.htm

メキシコ国立自治大学(UNAM)の中央大学都市キャンパス【文化遺産・メキシコ合衆国】

大学のデザインはメキシコの「壁画運動」とも関係があり、民族意識の高揚を目的としたこの運動には、J.オルゴンやD.リベラらの芸術家も参加した。 メキシコ国立自治大学 (UNAM) の大学都市の中央キャンパス|メキシコ 文化遺産|世界遺産オンラインガイド

シェーンブルン宮殿と庭園【文化遺産・オーストリア共和国】

ウィーンにあるシェーンブルン宮殿は、ハプスブルク家のマリア・テレジアが大規模な増改築を行った宮殿である。建築家フィッシャー・フォン・エアラッハの前身である。1814年にはこの地でウィーン会議が開催された。 シェーンブルン宮殿|オーストリア 世界…

聖都カイラワーン【文化遺産・チュニジア共和国】

9世紀にアグラブ朝の首都となり栄えた。北アフリカに建設された最初のT字型モスクのひとつとされ、この地方のモスク建設に多大な影響を及ぼした。 イスラム美術 - Wikiwand

ラホール城とシャーラマール庭園【文化遺産・パキスタン・イスラム共和国】

ラホール城はムガル帝国3代アクバル帝が建設に着手した城塞である。妃であるムムターズ・マハルのために私室「シーシュ・マハル」をつくった。 秋の大パキスタン紀行(パキスタン)|西遊旅行の添乗員同行ツアー(135号) シャマール庭園はペルシア式泉水庭園…

ロドス島の中世都市【文化遺産・ギリシャ共和国】

14世紀初頭、イスラム勢力に追われた聖ヨハネ騎士団がキプロス島に変わる新たな本拠地とした要塞都市。騎士団は8つの国々の貴族の子孫で構成されていたため、ロドス島には8つの館がある。 ロドス島観光のおすすめ度-トルコから行ってみるのはどう? | おひと…

ブタペストのドナウ河岸とブダ地区およびアンドラーシ通り【文化遺産・ハンガリー共和国】

ブダペストは9世紀末にマジャル人が建国したハンガリー王国の首都として発展したブダ地区と、近代ハンガリーを象徴するペスト地区からなる、15世紀にマーチャーシュ1世によってルネサンス様式に改築されたブダ城は、17世紀にバロック様式で再建された。 ブダ…

ロワール渓谷【文化遺産・フランス共和国】

1427年、ヴァロワ朝のシャルル7世がロワールに宮廷を移したことによって歴代の王がロワールに宮廷を構えるのが慣例となった。1519年にフランソワ1世が建てたシャンボール城は、レオナルド・ダ・ヴィンチも設計に関与されたとされ、フランス・ルネサンス様式…